2014年5月11日日曜日

H26年度新人歓迎山行 in 高尾山!

こんにちは、二年の為村です。今回初投稿となります。未熟な面も多々あると思いますが、よろしくお願いします。
今回は、4月20日に行われた新人歓迎山行についてです。更新を心待ちにされていた方も多いのではないかと思います。
遅くなってしまい申し訳ありません。GW合宿が先だと区切りいいと思いますが



会場はお馴染みの高尾山です。雨の後であったこともあり、去年よりは観光客が少なかったです。
それでも日曜日ということもあり、多くの方が訪れていました。



去年も撮ったポイントで記念撮影、今年は5人の新入生が参加してくれました(写真の前列)。
そして見ていただければ分かるとおり、女性が2名来てくれました! 
あと、多摩キャンの方も参加してくれました! 嬉しい限りです。



稲荷山コースから登りました。ぬかるみも有り、スニーカーで来た私は苦戦しました。



顔を隠す新入生の神崎君。恰好はハードボイルド(意味合ってるかは不明)だけど、根はシャイなのかな?



1時間ほどで山頂に到着。新入生の表情から余裕が窺えます。最初のポイントではっちゃけた現役部員は自重していますね。 
…渡辺君(新入生)まで自重していますが。



その後は城山へ。曇っていたこともあり、止まっていると肌寒く、歩いていると快適でした。
写真がないですが、昼食は現役部員でラーメンを作りました。
渡邉主将お手製のチャーシューが栄えて新入生に好評でした。危うく煮玉子がうずらの卵になるところだったのは内緒(ボソッ



そして城山から小仏に下山し、バスで高尾駅へ。
新入生の皆さん、ハイキングお疲れさまでした!
今年は去年よりも足場が悪くて大変だったと思いますが、良い感想が多く聞けてよかったです! 
てな訳で、無事新歓山行に行ってきましたので報告いたします。



追記
4月26日に新入生を交えた初めてのトレーニングをし、内濠を走りました。
初めてではありましたが一人もリタイアすることなく、上々の記録でした。これからに期待ですね。
春期総会で良い報告ができるよう現役部員一同頑張りますので、ご期待ください!






それでは…
SEE YOU NEXT TIME!


2014年5月5日月曜日

GW合宿

 
 
 
こんにちは。3年の渡邉です。

春合宿に引き続き2連続で活動記録ブログを書かせていただきます。
ゴールデンウィークは妙高の方に行ってまいりました。

移動日

見送りには沼尻さん、浅沼さん、鳥居さん、高岡さん、山本くんと多くのOBが来てくださいました。
差し入れも大量に頂きました。ありがとうございます。

夜行バスで長野に向かいます。





行動日1



長野駅から来年度から第三セクター化する信越本線で妙高高原へ




妙高高原からタクシ―で笹ヶ峰へと向かいます。

笹ヶ峰に到着。雪はあるけど暑い!!



 新しく購入したSONYのアクションカムを装着する戸口君
電化製品にお金をかけるのもいいけど、ズタボロのヤッケの下をどうにかしようよ。

それでは出発です。


シールで樹林帯をスタスタと進んでいきます。

黒沢橋に到着。


スキーを外して橋を渡ります。





 ここから十二曲に突入。傾斜があるので板は横付けして登っていきます。


 十二曲を終えると乙妻山がよく見える。

富士見平の近くからシールで移動

富士見平到着。火打山がよく見えます。
 高谷池ヒュッテまでもう少し。

黒沢岳をトラバースすれば高谷池ヒュッテに到着です。




行動日2

この日は火打山にアタックします。

天気は快晴。北アルプスの山々が綺麗に見えます。


カチカチの斜面を滑り落ちる戸口君。
 雪が硬いとシールの性能差が顕著に出ます。

このあと、私は斜面をトラバース中に30mほど滑落しました。
障害物もなく、スキーを履いていたので停止に時間が掛かりました^^;

めっちゃ、トレースのある所だったのに。
うわ・・・私のシール歩行技術、低すぎ・・・?



滑落後は板を外して無事に復帰しました。メガネを紛失しましたが。


スキーを横付けして最後の登りに挑みます。


無事に山頂に到着


エールを行ったら、


滑走の時間だぜ!!


急斜面をガンガン攻めます。




たまに転びますが。





滑走を楽しんだ後は一休み。


小屋に戻った後は滑落停止練習を行いました。






行動日3

この日は妙高山にアタックする予定でしたが、技術的に困難であることと
翌日の天気予報が雷雨であることから下山することに。




天気は晴れていましたが、この日は風が強かった。


妙高山の外輪を目指して進んでいきます。



黒沢池手前の斜面です。
写真だとなだらかに見えますが結構急斜面でした。


黒沢池から妙高山を目指して進んでいきます。
このあたり結構な急斜面だったんですけど、写真だと平らに見える。



為村と戸口見つめる先には....



妙高山が!!

技術を身に付けてまたリベンジします。

滑走ポイントまで妙高山の外輪をひたすら進んで行きます。



滑走ポイントに到着。
そこから滑走していきます。

渡邉「全装だけど滑走の時間、長いから動画たくさん撮れるね!」


戸口「今日はアクションカムはカバンの中にしまってあるよ。」


渡邉「え......」


ってことでしたので私がハンディーカムで滑りながら動画を撮ってみました。

あとで戸口君が編集したものをYou tubeにあげると思うので
チャンネル登録もお願いします。










2時間ほどで道路に到着。タクシーを呼んで無事に帰宅しました。


残念ながら今回は妙高山には行けなかったのですが、
今回の合宿は自分の未熟なところがはっきりと分かったので技術や知識を
しっかりと身につけて再度挑戦したいと思います。

それではまた今度。
次は新人を加えた新しいメンバーで。


Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.