2010年2月28日日曜日

H22二月合宿

こんちわ、一年の大崎です。

今回は予備日を含めて2月14~20日の日程で福島県の安達太良山にて合宿を行いました。
バレンタイン?それっておいしいの?

登山開始。例年より雪が少ないせいかラッセル(雪かき)もなく快調なスタート。
看板も頭が見えるくらいです。
サクサク進みます。
小屋が見えた!・・まあ、その前でテント張るわけですが。
滑落停止練習!どうです?この見事な停止っぷり。
そうこうしてるうちに日が暮れて。
二日目は朝から快晴、絶好調です。
前回までよりは私も歩行スピードが上がりました。
さすが新シール(滑り止め)だ、なんともないぜ!順調、順調。
目の前に現れる岩面もぶち抜き予定よりも大分早く到着。

遠くまでくっきり見渡せますね。
頂上にて。
雪山に浅沼のエールが響き渡る。
他のメンバーも負けずに、声を張り上げる!

その衝動が誤った方向に。脱ぎたかりの二年生の方々。
口直しにどうぞ。さて・・
下りだ。

たいしたトラブルもなくテント場に到着。のびのびと滑ってます。
明日も晴れるといいな。
世の中そんなに甘くないですね~。
次の日は吹雪、アイゼン(爪着き靴)を装着して進む。
横付けしたスキーが重す。

ちょっと離れるだけですぐにホワイトアウトしちゃいます。
おいて行かれんように気をつけて。
そんななかでも我々は元気です。五葉松平にて、なんも見えません。
下り、いつもより注意しないと転ぶよ。
木々の合間をくねくね、苦戦しつつもなんとかこの日の行程を終了。
いや~今回の合宿は雪山の良さを存分に満喫できた合宿でした。

2010年2月7日日曜日

H22年度 スキー練習合宿

冬合宿からはやひと月、世の中が受験シーズンを迎える中
法政大ワンダラー6名は菅平は根子岳においてスキー練習合宿をとり行いました。

さて、今回は前回の大崎に引き続き、1年浅沼の提供でお送りします。
なお、写真の都合上やや大崎クンがメインぎみな部分もありますが、あしからず(苦笑



合宿初日はゲレンデでスキー練習!………だったのですが、
不肖浅沼、前日のバス酔いと早朝の放置プレイで体調を崩し、小1時間ほどダウン…;;;
いやはや面目ないです…(汗
ただ、その後はジャンプに挑戦したりと皆存分にスキーを楽しみました^^



この日はスキー場を少し離れたホテル脇の広場で天幕です。
すぐ近くのトイレの快適さと言ったらもう…



翌朝、いよいよ根子岳山頂を目指してシール走行部隊が出撃します。



スノーモービルが颯爽と駆け上がっていくのを横目に
最初のやや急な登りをあがって行きます。



しばらくして第一リフトの終点に到着。
いや~改めて見てもこの日はいい天気でしたね~○∀○



最初の一本。天気がいいので皆上機嫌♪♪



おニューのテルモスも絶好調。
杉崎さん謎のポージング。



自称“one love”  愛に一途な男・沼尻さん
この笑顔に隠された真実とは……



再び出発後まもなく大崎転倒。
必死にもがくもなかなか立てず…
頑張れ、頑張るんだ大崎~!!



そのとき古川さんは余裕のピース。



その後もしばらくなだらかな道を突き進みます。
杉崎さん、単騎で爆走中…



圧雪された道に出てからは再び急な登りに…
1年の自分らにとってはキツイところ……



避難小屋到着後アタック装備に切り替え再出発。
苦しさが写真からにじみ出てます。



『負けないで もう少し 最後まで 走り抜けて』
って声をかけてやりたい感じですね;;



このテンションの違いがまた…^^;



終盤は狭い木々の間を進みます。



山頂はもう目の前だぁ~~~!!!



ガスもとれてほぼ快晴。
こんな鮮やかなブルーとホワイトのコントラストも雪山ならではですね♪



山頂到着!!
部旗も忘れてはしゃぐワンダーキャットたち。



この日は余り時間が残ってなかったので
ちゃっちゃか避難小屋まで戻りまーす(・ω・)/



あまりの快適さに皆気分はハイに。
ただ、その後不幸な結果が待っていました……



避難小屋通過……まさかのオーバーランで50~60mほど
引き返すことに……;;



気を取り直して今夜はここで天幕。



夕日がまた綺麗なこと…
なんとも幻想的な光景です。



翌日、超極寒の一夜を過ごして迎えた朝。
早々に下山を開始します。



スキーの技術に関してはピカイチの大崎クン。
ゲレンデとはいえ、全装をものともしない直立っぷりです。



朝日を受ける内田さん。


そんな綺麗な朝日。



そんな朝日を撮ってるワタシ。


整備されてまだまっさらなゲレンデに
最初のシュプールを描いていきます。



「根子岳お~しまい!!」



最後まで注目の的、大崎。
平和に終われて本当によかったですな。

皆様、次の合宿も頑張りませう。
Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.