2010年7月1日木曜日

H22新人修練合宿

皆さんこんにちは、二年の大崎です。
6月20日~24日に行った新人修練合宿の詳細をお伝えしたいと思います。

日曜の朝から飯田橋に集合。びしっと決めてる新人と最初くらいちゃんとしなさいな上級生達w

初日は乗り物から降りて、近くのキャンプ場で一泊。一度目のテント設営です。
この日は設営、撤収のタイムは切れず、残念。
まあ初回はこんなものでしょう。


残念がってる時間などないのだ。
ここからは記録と食当に分かれての作業でございます。五月合宿のことを思い出すのだ。



翌日は一年を不安にさせるような曇り空、まあ、雨降ってないしダイ、ジョーブでしょう。

徳ちゃん新道を抜けていきます。
ウネちゃんしっかり。

一本中、雲の合間から差すわずかな光を受け光合成中。

三日目の朝、暑すぎず寒すぎず見た目より過ごしやすいですよ。

木賊山目指して元気よくいきますよ!

ここいらでちょっと一年の様子を見てみましょう。

まずは太田!なにか彼だけに見えるものがあるみたいですね。

次、「状況を報告しろ鳥居!とりいぃぃー!!」

そして、この顔である。やはり、山歴が長いと違うのか。
後ろのウネちゃんはだいぶ疲れてますね。

そのころの上級生、ちったあ自重しなさいなw

木賊山での一枚、私の顔が隠れてるのは使用なのです。(キリッ

この日もテントの設営練習、撤収のタイムは切れなかったもののとりあえず設営タイムは切れました。この調子だ!

四日目、少し雲は減ったかな?まずは甲武信ヶ岳に登りまして。

下りまして。国師ヶ岳に行きますよ!

一本中、地図で場所をしっかり確認しませんとね。

国師ヶ岳にて、じゃっかん一年に余裕がなくなってきた感があります。

大弛小屋への道、木造で登山靴では少し歩きにくかったみたいです。

大弛小屋についたぞ、と

さすがの別府くんもお疲れです。

コンパで一服中、ハエが飛び交う中体育座りな二名。そこにトイレから別府が帰っ・・

ん?

そ、それは!!

一日中何かと近くを飛び回っていたハエが彼の心に火をつけたようですw

なにかの箍が外れた別府、二丁の殺虫剤振り回し目に映るものをジェノサイドしていきます。
こ、今年の一年はおかっないぜ。

五日目、ここでついにこの合宿初の雨、一年もモチベーションが下がってるようでした。でもまあ、やっと新練らしくなったと某上級生も宣っておりましたしまあ、しょうがないですね。

朝日岳にて。疲れてるようですね。ファイト!

なにもみえないぜよ。

金峰山に着いたぞ、ここまで来たらあとちょっとじゃ。

このへんから先発隊と後発隊で間が開いてしまいました。後発の先頭は私です。「俺に着いて来ーい」

雨が降ろうとポージングは大事です。太田、ウネ、ナイス!

富士見平小屋に到着!!屋根があってよかったやね。

雨が降っててもテントの練習はきっちりやります。
残念ながら練習風景の写真はありませんが何度も繰り返し見事目標タイムをクリア!
なんだか見ている方もうれしくなっちまいました。いやホントによーやった。
えらい!!

と彼らのがんばりのおかげなのか晴れました、天気もにくい演出をしてくれます。

最終日、装備を切り替えまして瑞牆山にアタック。もちろん晴れ!

富士山も見えましたよー。

装備が軽いとやはり一年も早いです。ほら写真では鳥居が早すぎて残像しか移りませんw

途中にあった岩。なんかかっこいいよね。

頂上にて「富士さん目線おねがいしまーす。」

じゃあいつものいきますかー「おめえの出番だ浅沼!!」

いくぜ!!

一年も五月より照れがありませんでしたね。

うん、みんな良い顔してるね。

これにて新練は終了でございます。皆様、特に一年はお疲れ様でした。
辛いこの合宿でなにか得るものがあったか、それは本人にしかわかりません、が最後の写真を見る限り自分が判断する分にはなにかあったんじゃないかなっと思いました。
それじゃ最後に合宿後一年の勇姿を貼って終わりにしたいと思います。では。
Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.