2016年4月30日土曜日

H28年度 高尾山新人歓迎山行

 皆さん、こんにちは。久々の投稿になりました、主将の為村です。投稿遅くなり大変申し訳ありません。今回は、4月17日(土)に、高尾山にて行われた新人歓迎山行についてです。今回は9人の新入生が来てくれました! 私としては、文学部地理学科が多いことが嬉しいですね。

10時に高尾山口駅に集合しました。天気予報では昼ごろから雨が予想されていましたが、気になる天気は…



どんより。

体操をして登山開始します。ルートはお馴染み稲荷山ルート!



いやぁ、これだけの大人数となると迫力ありますね。



この社もすっかりお馴染み


登ります。


展望台で小休止。天気は好転、晴れ間も覗いていました。

雨具を脱ぎ、山頂を目指します。しかし、山頂付近にくると雨が降り続くように…



山頂はガラガラでした。
 

集合写真…意外と収まります。
 


山頂でパパッと写真を取り、帰りは一号ルートで下山。
実は私も初めて通りました。途中薬王院に立ち寄り、おみくじを引く人もいました。信じるか信じないかは…己次第です。

そして、登山口付近で昼ごはんを作りました。おやおや、晴れ間が…


あれあれ、すっかり…


今日のメニューはラーメン&餃子。餃子美味しかったのに撮り忘れてしまいました。お腹が空いたのか、皆さんの箸がどんどん進みます。

昼ごはん・コンパを済ませて、解散式をしました。みんな楽しかったといってくれて、現役一同安心しております。
説明会や今回の山行を通してワンゲルの活動に興味を持っていただければ幸いです。そして、一人でも多くの方と一緒に活動できることを心待ちにしています!

以上、簡単ではありますが報告でした(^O^)
すみません、次週の山行についても近日中に載せます…

2016年4月27日水曜日

H27年度 卒部式

4年のN先輩と同じゼミで活動することになった2年篠原です。久しぶりのブログ更新です。みなさん、新年度いかがお過ごしでしょうか。出会いと別れの3月を乗り越え、新たな気持ちでスタートを切り始めるところでしょう。
さて、3月19日、平成27年度ワンダーフォーゲル部卒部式が行われました。ボアソナードタワー26階スタッフクラブで盛大に執り行われました。



晩酌も交えながら楽しく談笑します。



吉原OB会長から卒部生にたいしてねぎらいの言葉が送られました。ちなみに、OB会長は一ヶ月前、東京マラソンを3時間27分で完走されました。



川嶋監督からも感謝の言葉



山本OBからもねぎらいの言葉が送られました。



友信OBにもお越しいただきました。




新 副主将の久保さんによる感謝のメッセージ



色紙、部旗を贈呈します。


篠原→戸口さん



望月さん→渡邊晃平さん



渡邉主将が手にしている部旗には、4年間の思い出が詰まっています。








清宮がエールをし、部歌・校歌を歌います。



集合写真


先輩方、合宿の度に本当にお世話になりました。進む道はそれぞれ違うと思いますが、これからもそれぞれの場所で素晴らしい花を咲かせてください。

最後に、ブログの投稿が遅れたことをお詫びします。

2年 篠原 祐太

2016年4月1日金曜日

H28年度 佐渡島自転車合宿






1年石川です。
先日佐渡島にて自転車合宿を行いました。
今回の合宿は新潟に至るまでに1名寝坊,東京駅までの道を間違える,輪行袋が思いの外小さくて手間取る,1名乗車券が改札に吸い込まれる,1名新幹線に乗り遅れるなどなど様々なアクシデントがあり,これ以上は無いのではと思えるような最悪のスタートをきりました。
 予定では12時頃のフェリーに乗り佐渡島に着くつもりでしたが,一本あとの16時頃のフェリーを使うことに。新潟から佐渡島までフェリーで2時間30分ほどかかったので,現地についた時には既に日が暮れていました。

1日目のテン場の姫崎キャンプ場がこちら



4年ほど前に閉鎖したらしい姫崎ホテルの横を通った奥にありました。
廃墟を通り抜けてテン場に着き,ほっとしたのもつかの間,水場から水が出ないという悲劇が。
波乱のスタートをきったこの合宿,さらなる試練を我々に課します。
幸いにして夜ご飯は鍋の予定だったので,50mlほど残ってたミネラルウォーターと野菜の水分でなんとかすることができました。
ホテル姫崎に住み着く,イカを喰らう獣
翌日は快晴,いよいよ本格的なサイクリングの始まりです。

走り始めて1時間ほど経った後,清宮の自転車がパンク。
チューブを入れなおすのに1時間程費やします。ようやく入れなおすことができ,意気揚々と空気を入れた所,チューブが破裂。最初からやり直しです,お疲れ様でした。
一回目のパンク
修理が終わり,走行を再開した1時間後に清宮の自転車が二度目のパンク。
日頃の行いか,呪いか
二回目のパンク
途中で釣り用品を買ったり,私が坂登れずに死んだりしながら,C2の潮津の里に到着。
管理人さんのご厚意で小屋とお風呂を使わせていただくことに。まさかこんな配慮をしてくださるとは思っていなかったので大変ありがたかったです。



3日目は大野亀を通ってはじき野フィールドパークを目指します。

「宇宙とみんなの心が一つになり平和が・・・」



大野亀

はじき野フィールドパーク

はじき野フィールドパーク到着後,釣りへ。

ただの昼寝です。

釣り竿はうんともすんともいわず。1時間ぐらいで撤退。確かこの辺で清宮が3回目のパンク。
 その後,はじき野フィールドパークの食堂で魚のフライを無料で頂きました。連日,様々な形で助けていただき,佐渡の方にお世話になりっぱなしでした。
 最終日,港を目指して出発。深夜に大雨が降っていたので天気が心配でしたが起きてみれば快晴で一安心。目的地まで30kmほどでしたが特にトラブルなく着くことができました。





両津港

平日の昼間からご苦労さまです
ワンダーフォーゲル部に入ってからそろそろ1年が経ちますが,こんなにもイレギュラーなことが起きた合宿は初めてです。トラブルが起きるたびに自分の知識不足,経験不足を思い知らされました。
私にとっては初めての自転車合宿でしたが,初日に右ブレーキをぶっ壊し,最終日に左のブレーキも亡き者にし,借り物の自転車をボロボロしてしまったうえ,坂に苦戦し,常に大幅な遅れを取るという情けない状態でした。ただ,自転車自体は非常に楽しかったです。ブレーキが普通に効いたらもっと楽しかっただろうなと思います。
今回のトラブル祭りを再び起こさないよう,未然に防ぐ為に何ができたかを考えておかなければならないと思った一方,今回の合宿のおかげでイレギュラーな事態に対してある程度耐性ができたのではないかとも思います。合宿というのは何が起こるか分からないもの,トラブルを起こさないようにする姿勢を忘れず,同時に,起きてしまったトラブルに冷静に対処できるようにもしておかなければならないなと感じました。





Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.