2016年3月26日土曜日

H28年度 伊豆諸島ロードワンデリング合宿

 
こんにちは。
来年年間インターンへの参加が決まった2年(新3年)遠藤です。
部活との両立を頑張ります。
 
3月21日~25日の5日間、伊豆諸島(神津島、大島)で
ロードワンデリングをしてきましたので報告します。
メンバーは私遠藤と1年生の植原、篠原、渡辺です。
 
ロードワンデリングとは道路をひたすらてくてく歩く活動のことです。
近年行われていなかったことから
1年生からやってみたい!との意見が多数あり、
景色のきれいな伊豆諸島で合宿をたてました。
 
 
【1日目】
 
東京竹芝から大型客船さるびあ号に乗って出発します。
 
OBの渡邊さんがお見送りに来てくれました!ありがとうございます。
夜景が本当に綺麗で、一同テンションがあがりっぱなしです。
 
 出発日は篠原の誕生日!
多摩センターグランクリュのシフォンケーキでお祝いです。
しかし船の上は極寒(´・ω・`)
 
 
【2日目 神津島】
 
12時間以上船に揺られ、神津島へ!海が綺麗すぎる~~
沢尻湾キャンプ場にテントを張ってローワン開始。
天上山に向かいます。
 
最高の景色の天上山
 
天上山をおりてぐるっと神津島を周り、村落に戻りお買い物をしました。
 
今日の夕飯は近海でとれたお魚で海鮮丼!
東京から持っていったすしのこで酢飯を作りました。
粉末だから軽いし、美味しかった。
 
 
【3日目神津島→大島】
 
翌日は朝早めに起きて出帆港を確認します。
案の定変更している~~~!
伊豆諸島は風向きによって出帆港がよく変更します。
大島は大型客船は岡田がほとんどですが、神津島は結構変わる。
森田遊歩道という名の登山道を通って反対側の多幸湾に。
 
船の中では私以外みんな爆睡していて、計画きつかったかなあと心配するほどでした…
 
利用予定だった海のふるさと村キャンプ場が
急遽使えなくなっていたため大島公園までバスを利用し
トウシキキャンプ場まで歩きます。
 
大島の東側…なんも無い………大部分展望も無い…
精神的にやられます。
「こんなところで何をしてるの?送ってあげようか?」
という車で通りかかった現地の方のお気遣いを断った時とても悲しかったです。
 
スーパーで買ったキンキでお鍋を作りました。
鍋キューブを持って行きました。
ダシが出てめちゃくちゃ美味しかった。
 
 
【4日目大島 三原山】
 
トウシキキャンプ場から軽車道を通って三原山を目指します。
 
小雨。
あとから書いた天気図を見て分かりましたが
ちょうど真上を低気圧が通っていました。
稜線に出るとかなりの強風で、三原山外輪山の櫛形山で撤退します。
 
 
下山後は大島一周道路をぐるっとまわり、
トウシキで釣りをしたり夕飯のお買い物などをしました。

今日のお夕飯は焼肉とお吸い物です。
お吸い物は現地の方に教えてもらった
大島名産のトコブシと明日葉のお吸い物です。
明日葉を下さった現地の方ありがとうございました!
美味しかったです。
 
 
【5日目 大島】
 
大島の左側を歩き岡田港へ向かいます。
こっち側は色々見所もあるし、海が見えて楽しいです!
が連日のなかなかハードな行程に結構みんなお疲れ気味。
ここがよく教科書で見る断層!すごい。
 
サンセットパームラインを通ります。すごく気持ちいい~!
車の運転が大好きなのでぜひドライブしたいです。
 
10時半頃岡田港につきました。
しかしみんな昨日の三原山が心残りで、
三原山登山口行きのバスに乗り三原山を目指します。
かなり山欲があるメンバーです。
この日は晴れていて展望が良く、行って正解でした。
来てよかったね~と話しながらお鉢めぐりをします。
噴火ってすごいなあ。
 
 
バスに乗り、岡田港でお土産を買い、大島をあとに。
遠ざかっていく大島を見て「終わったのか…」と感慨にふけりました。
 
帰りの船では私も眠りこけました。
竹芝で解散式をして無事合宿を終えました。みんなお疲れ様。
 
 
 
初めてのパーティリーダーで不確定要素の多い合宿、
予定の都合で上級生1人と不安ばかりでしたが、
個人的には特に思い入れの強い合宿となりました。
 
これから新歓が始まるので
みんなでワンゲルの良さを伝えていけたらなと思います。
新入生のみなさんぜひ法政ワンゲルに!
 

2016年3月8日火曜日

H28年度 春合宿

 1年石川です。先月行った春合宿の模様をお伝えします。
夜行バスに揺られること約6時間,菅平スキー場に到着。



キャンプ予定地である避難小屋を目指しシール歩行でゲレンデを登っていきます。普通のスキーヤーたちから熱い視線が送られてきました。



避難小屋到着。テントを張った後,シール歩行の練習兼スキー練習を行い
1日目は終了。


2日目は根子岳・四阿山を目指します。天気は快晴。


根子岳手前でスキーを外し,ワカンで行動。

根子岳到着。

このまま四阿山まで行く予定でしたが途中下りるのが危険な岩場があり,迂回できる道もなかったので引き返すことに。
先ほどスキーを置いていった地点まで戻った後,アイゼン歩行の練習を行いました。
その後,テントまでスキー。一年生にとっては初の本格的な山スキーでした。
僕はむき出しの草に引っかかって何回か転倒しました。来シーズンは雪がたくさん降ることを願います。


3日目は下山日。初の全装でのスキーです。滑ってる時も転んだ時も体にかかる負担が段違いで非常に苦労しました。


三日間と短い期間でしたが天気に恵まれ,初めてだったものの山スキーを楽しむことができ,不測の事態ではありましたが,ピッケルの適切な使い方を練習することもでき,非常に得るものの多い合宿でした。同時に,特に体力的な面でまだまだ至らない点があることを痛感したので,日々のトレーニングをしっかりと行い,次の雪山での活動に備えていきます。
Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.