2015年3月31日火曜日

2015年度新歓について

今年もやってきました新歓シーズン! 私たちはビラ張りや抽選会に参加し、新入生の皆さんを迎える用意をしています。新歓期間中はブースを出し、活動内容を紹介します! 
今日は簡単に説明します。




新歓期間   : 4月2日~4日 ・ 6日 (多摩キャンパスでの勧誘日程は調整中です)
ブース場所: 富士見門を入り、坂を下った通路の右側(詳しくは新歓期間に紹介します)


また、校舎のあちらこちらにビラが貼ってあります!(こちらも次回紹介します)




ぜひ気軽に説明を聞きに来てください!!!

2015年3月22日日曜日

平成27年度 春合宿 至仏山

驚くことに活動記録ブログ初投稿の遠藤です。今までも他の人の記事をちょくちょくお手伝いしてきたので初めてのような気がしません('ω')

2月16日から20日まで至仏山にて春合宿を行ってきました。



【1日目】
上野で集合したのち、電車を乗り継ぎ沼田へ
沼田からはバスで向かいます。

情報が少なかったので戸倉で降りてしまいましたが、戸倉スキー場行きのバスはよりゲートに近い戸倉上まで行くようです。
戸倉からゲートまでは約20分ほど歩きました。
戸倉上までバスで行けば5分ちょっとくらいは短縮できたかな…?
ゲートのところでテントを張り一泊します。



【2日目】
翌日は早速シールをつけて登っていく!!のではなく…
ほんの少しだけ下ります。
やったあああ!ゲートついたあああ!シール!!はダメです。
橋からは登りですのでそこでシールをつけ登っていきます。

ゆるやかな登りの林道
ここではないですが斜面に雪崩の跡がある箇所が多くありました。

トンネルもあり。
行きはほんの少し雪が残っていたおかげでスキーを外すことなく通れました。

津奈木橋到着
テントを張り、弱層テストなどを行います。
そして雪合戦も!
下界でもこんな恰好でやらないよー。
合宿通じてものすごく暖かかったです。むしろ暑い…



【3日目】

津奈木橋から山ノ鼻へ
最初は道からは外れて概ね電柱に沿って、途中からは道沿いに。
九十九折はショートカットしました。
この日のルートはまた5日目のところで紹介します。

山ノ鼻に到着後、ご飯の時間までに弱層テストをします。
ガサガサっ
この写真は落ちる瞬間ですが、大分衝撃を与えた後だったので
雪崩の危険性低としました。

だだっぴろい尾瀬ヶ原ではこんなことも!
手乗り渡邉さん。
テストの日ポケットに入れてって答え教えてもらおう。



【4日目】

遠藤予報では雨。というよりあの天気図は誰が見ても雨。
雪用の装備で来ているので雨は嫌だ…
なんとか天気もってくれ~と思いつつ至仏山へ向かいます。

途中で岩と急斜面に阻まれスキーをデポします。
が、本当にある一帯だけですぐに緩斜面に戻り…
山頂付近にもスキーのトレースがあったし、その気になれば山頂までスキーと一緒に行けたかもしれません。

少しだけですがところどころ夏道が見えます。
後で聞いた地元の方のお話によると風が強くあまり積もらないからだそう。

山頂!
ワンゲルを検討している新入生の方、これ見て「え、人数すくな!」って思わないでくださいね!
今年から就活の時期が変わった影響などで参加人数が少ないだけですよ(*'ω'*)

そして滑走します。
為村さん
鈴木
鈴木は酷いこと言ってきたり理由も無く叩いてきたりしますがスキーは上手いです。

テント場についてから雨が本降りに…なんとかなってよかった。
スノーフライでしたが、テントの周りに溝を掘りフライをピンと張ることで快適に過ごせました。


【5日目】

下山日です。来た道を引き返します。

鳩待峠までの道はこんなスノーブリッジがいくつかあります。
みんなで乗って崩壊!にならないように間隔をあけて渡ります。
下にはもう雪解け水が流れており、もし崩壊したらずぶ濡れになってしまいます(´-ω-`)

鳩待峠からは行きと異なりずっと道沿い。

行きではなんとか通れたトンネルは雪が融けスキーでは通行不可に

カモシカさんにも会いました。
冬こんなにふかふかなんですね~。あったかそう。
冬シュラもテントも持たなくても寝れるなんて羨ましいよ!


ゲート到着後、解散式をします。
のんびり帰ろう組は温泉に入って沼田駅で名物のトンカツを食べました。
すごく厚くて美味しかった!けど量が多くて…しばらくトンカツはいいかなって、、、



OBの方々、夏合宿と並ぶ春合宿を至仏山のみで終わらせることになってしまって申し訳ありません。
この場をお借りして謝罪させていただきます。


2015年3月13日金曜日


平成27年度 春合宿


更新が遅れてしまい申し訳ありません。ブログ担当の鈴木です。


今回は、2月22日から25日にかけて、戸隠、佐渡山にて2月合宿を行いました。
冬合宿で身につけた知識や技術を実際のフィールドで確認し、また1年生にとっては、は冬山でトップを経験することで読図技術の向上を図るといった、次の春合宿に向けたいい練習合宿になったと思われます。


23日は戸隠大橋より、林道を歩き、途中軽装に切り替え、黒姫山外輪にてシール歩行練習を行い、その後BC1を設営するという1日の流れでした。その日の天候はくもりと悪くはなかった。しかし、雪は固くざらついた状態で、翌日、翌々日の滑走を期待できないほどでした。それでも黒姫外輪におけるシール歩行練習については問題なく終えることができました。
 
 
                                                         
                         戸隠大橋での一枚

 
遠藤のザックが横にぶれてる・・・
 
 
2匹のわんちゃんが後ろからついてきた。
流れ星 銀を思い出したのは私だけだろうか。
 
 
黒姫外輪でのシール歩行練習の様子。
 
 
夕食のマーボー春雨味は味は美味しいが如何せん量が少ない。
 
 
24日はBC1を出発し、シール歩行で佐渡山鞍部へと向い、そこでBC2の設営を行った後、佐渡山頂上を目指し、頂上では滑落停止練習とエールを行い、その後BC2までの滑走を楽しみました。この日も雪質は相も変わらずひどいものでした。途中、部員数名がシールの性能不足やメンテナンス不足が原因で、BC2までハイクアップでの行動を余儀なくされ、非常に苦労しました。佐渡山の稜線上では、雪庇が隆起しているところもあり、雪崩の危険性を感じつつ、注意しながら進みました。この日は雪質こそ悪かったものの、初めての頂上からの滑走ということもあり、私自身は楽しむことができました。他の1年生もそれなりに楽しむことができたのかな?・・・
 
 
BC2までの道のりはなかなか大変だった。
 
 
稜線上を歩いていきます。
右は完全に崖でした。
 
 
雪庇がよく見えます。
 
 
いつも通り力尽きる遠藤。
 
 
滑落停止練習の様子。
 
 
佐渡山山頂での一枚
 
 
他の登山客の方々に見守られながらのエール。
やる気が出ますね。
 
 
25日はBC2から林道終点まで滑走した後、戸隠中社までひたすら歩きました。この日の滑走は、エッジがきかないほど固い雪で行うこととなり、経験者でも横滑りでなければ降りられないほどで、1年生にとっては非常に困難だったように思われます。急な斜面での滑走を終えたあとは、長い時間、緩やかな斜面での滑走を楽しむことができました。個人的には合宿期間中でこの日のロードワンデリングが一番きつかったです。
 
 
 
朝焼けがきれいでした。
 
 
 
一瞬見分けがつかない二人。
 
今回の合宿では、天候もそこまで悪くなく、読図についてはそれほど問題がなかったものの、シールのメンテナンス不足、歩き方、転んだあとの立ち方などなど様々な課題が見つかりました。春合宿ではそういった課題を少しでも克服できるよう努めたいと思います。
 

2015年3月12日木曜日

H27年度 荒川サイクリングロード自転車練習合宿

どうも、こんにちは。久々の投稿になります、2年為村です。本日は自転車練習合宿ということで、主将、野呂くん、神崎くんと4人で荒川サイクリングロードなどに行って参りました。ルートは、新小岩駅から荒川サイクリングロードを通って葛西臨海公園に行き、その後は京葉道路を使って大学に戻るという、日帰りのツアーでした。では微々たるものではありますが、報告をしていきたいと思います。



新小岩駅にて自転車を組み立てる神崎くん。神崎くんと私は初めての自転車合宿でしたので、一苦労しました。


いざ出発! すぐに荒川が見えました。

サイクリングロードはずっと川沿いまたは首都高沿いという感じでした。向かい風強すぎぃ! 私はずっと置いてかれ気味…TOUGH BOYの一節を思い出しながら付いて行きました。
あら、行き止まり…なんで小屋なんてあるのだろう。 なお、もう一回行き止まった模様

気を取り直して出発

追い風なので、疾走(走りながら頑張って撮影)

疾走。人の見分けが付きませんね。とりあえず私以外です

右往左往しながらようやく葛西臨海公園へ到着。ハトとお友達になりました。その結果野呂くんはカロリーメイトを狙われる羽目に…主将が野鳥の食物連鎖についてレクチャーしてくれました


観覧車!

休息を終えて出発。私以外は余裕そうでしたね

都心が見ゆる…

立派な橋(これは渡らなかった)

走りながら後を振り返って撮りましたが、これもう分かりませんね

主将と野呂くんはスキあらば飛ばします

このあと程なくして京葉道路に。なお、市街地の写真は撮る余裕がなかった模様。下の一枚のみです


今日は風に悩まされましたが、天気に恵まれて快適(私以外)にサイクリングできました。大学に戻って私は倒れこむように寝ました。他の皆さんは余裕そうでした。主将曰く、「何も感じなかった」。私は今日を忘れることは無いでしょう。力不足を痛感しました。

てなわけで、簡単ではありますが自転車練習合宿の報告でした!



Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.