2009年9月6日日曜日

平成21年度夏合宿四国パーティー

ちょっと四国を縦断してきました。3年内田です。縦断っていい言葉ですね。ズバッ!!!って感じですね。というわけで我々四国パーティーは8月16日~9月3日の期間、縦走、ロードワンデリング、ボートという手段を用いて四国縦断合宿を行いました。メンバーは4年宇佐川、3年内田、2年沼尻、1年土屋という各学年からキワモノが集まった最強のパーティーです。そんな3/4人がメガネをかけた1/3の純情な感情を持つ男たちの記録をごらんあれ。





離京の日。どんな合宿が待ち受けているのか・・・。お台場ではガンダムも応援してくれているはず。



第1ラウンド・・縦走


西日本最高峰「石鎚山」を目指し4日間の縦走を行う。



スタート地点のマイントピア別子。かつては銅山で栄えた地。女性でも30Kgをかつぎあげたとか。




銅山峰の看板は銅でできています。シャレオツですな。



笹が広がる笹ヶ峰。ちなみに縦走中は数百匹のアブ、ブユに追い回されます。




笹ヶ峰山頂。いい天気です。




伊予富士山頂。縦走中、唯一の悪天候。



さすが霊山。雰囲気でてきました。



石鎚山山頂。大勢の登山客で賑わいます。



永遠の仔になった土屋。               今回は回避した鎖場。アタックザックじゃちとキツイ。



さらば石鎚!!             下山道はなかなかの悪路。脚にきます。




翌日は面河渓で停滞。水の透明度がゴイスー!!!


第2ラウンド・・「ロードワンデリング」

川下りのスタート地点土佐大正を目指す。総距離170km。ただひたすらに歩く7日間。



ローワンのスタートも快晴。出だしも快調。


最初のキャンプ地。御三戸遊園地キャンプ場。遊園地があったのは今は昔・・・





小田深山渓谷を歩く。下界とはいえ夜は寒い。   水がキレイなので沢蟹がおりまする。



二つの峠を越え四国カルストへ。右に行けば高知県ぜよ。


まさに牧歌的な空気の流れる四国カルスト。いいところです。




風車が似合います。             ワンゲルスピリットの伝承。





田園風景が広がる。                 色白の友達ができました。

僕にとっては見慣れた景色



四国には休憩所やら、水飲み場がやたら多いです。お弁当にぴったり。





坂本竜馬に由縁の深い梼原。町並みがカッコいい。




おっしゃるとおり


維新のテンションに乗り遅れた沼尻。



ついに源流へ。合言葉は「曲がり曲がって196km」



鯉が放流してあります。                  水量の少ない四万十に恵みの雨がそそぐ。




四万十町に入りローワンもクライマックス。     上流には堰があるのでボートで下るのは難しい。





用水路もキレイでいい感じです。                ヘイ彼女!!お茶しない?




ボートを無事回収し、第2ラウンド終了。

第3ラウンド・・「ボート」

最後の清流四万十川。総距離110km。時に悠久な流れに身を任せ、時に力を合わせ漕ぎ進み広大な太平洋へ・・・


この日のために練習を重ねました。


目指せ!!太平洋!!



ボートの出発もまたもや快晴。 
          

瀬も結構あります。                  こんなホワイトウォーターもあったりして・・・




だんだん焦げてきました。                  こがなければ流れは皆無です。 



水の中には鯉やら鮎やらがウヨウヨいます。


お決まりの沈下橋ダイブ。                   気持ちいい~♪




管理人のおじさんが天然の鮎をくれました。最終日前夜。俄然、気合が入ります。


夕日をバックに法政の名がたなびく。目指すは海!!



必死にこぎ続けます。しかし、悪天候&満ち潮の関係でどんなに漕いでも前に進めず・・・


困っていると漁師のおじさんがモーターボートで近くの岸まで引っ張ってくれることに。

海まで4キロという所で無念ではありますが、自然の力には抗えません。ということで残りは歩いていきます。



そして太平洋へ。



黒焦げメガネたち。何か漂流してた人みたい。

タクシーの運転手は言った。「四国縦断なんて気ちがいだな。」と。人間は気ちがいなくらいがちょうどいい。小さくまとまった大学生活なんてごめんだね。

ちなみに僕らはアフターも一緒に過ごし東京までフェリーで一緒に帰ってきました。四国縦断を通して少しは絆が深まりましたかね。
おまけ動画「達雄最後の夏」


1 件のコメント:

ヤンキー北ア さんのコメント...

四国をまっぷたつ。
フィールドは山だけじゃないって、それがワンゲルですよね。

Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.