2012年1月12日木曜日

H24 冬合宿

皆様遅くなって申し訳ございません。そしてコンニチハ。2年の鳥居です。
先日行われた冬合宿についての報告をさせていただきます。

今回は4人での合宿ということでしたが、太田くんがリーダーズキャンプにワンゲル代表で出席するということで、浅沼さん、私、高岡くんの3人は早めの現場入りとなりました。
例年通り夜行バスでエスカルプラザに向かったのですが、安定して全員バスで寝ることができませんでした。
これはエスカルプラザの前での写真。雪を目の前にテンションが上がっているようです。
サンマルテ様にお世話になった後、テレキャビンでアルプス360まで進軍します。
ここからは高岡くんの初シール登行。気持ちよく滑ってくるボーダーを横目にcoolに逆走していきます。
そして我らが遠見ヒュッテに到着。
しかし、安定した入り口封鎖。壮絶な雪かきand小屋開きが始まります。
小屋開きが終わった後、颯爽と荷物を置いて、幕営練習を始めます。
そしてまずは整地。高岡くんが土地を開拓し、浅沼さんが余計な雪を吹っ飛ばしていきます。
しかし、3人での整地。中々、思うように地が固まらない。ので。
ロードローラーで固めていきます。
鳥居だからどうせ転んでると思ったら大間違いだぞ。
そして、3人で幕営終了。
高岡くんとステラの2ショットです。
なんでだろう少し悲壮感が漂います。
そしてコンパの時間。
川嶋監督から頂いた、ボリュームのあるハムを食べます。川嶋監督ありがとうございます。
そしてハムを高岡くんは暖炉で炙り、浅沼さんは油で炒め、私はそのまま食べるという統一感のない感じで各々が好きなように食べました。
翌日、朝食を作業のように摂取し、着脱練習開始
素早く、そして正確にね
高岡くんはちなみに素早かったです。
小屋内で一本とった後、ビーコン練習を行います。
浅沼さんが一人でザックを埋め、残りの私と高岡くんで発掘します。
河田コーチから頂いた沢山の野菜で晩飯を作ります。河田コーチありがとうございます。
浅沼さんが一生懸命、野菜を仕込んでいる中、大根の切れ端で遊ぶ私。
・・・ちゃんと手伝いましたから
次の日、外が明るくなるまでの間、中で搬送講習。
捕縛されているのは浅沼さん。
高岡くん。とても楽しそうです。
若干明るくなったので外で本格的に活動します。
しかし、見ての通りの爆風。
腹でツェルトを抑えながら浅沼さんを効率良くパッキングしていきます。
そしてザックを用いた搬送法。
ここでやっと空が晴れ始める。
この後、太田くんが合流沢山の資源をもってつぼ足で登ってきました。
お疲れ!!
太田くんが荷物を整理している間に弱層テストを行います。
ジャーマンスープレックスの体勢の高岡くん。
結果的に弱層見つからず。
太田くんも合流し、本格的にスキー練習を開始。
しかし、スキー場上部は爆風のためリフトが活動しておらず、その上ホワイトアウトしていて、スキー場の一番下の初級コースに向かうことになりました。
ところがどっこい。下のスキー場がまさかのベストコンディション。
ほっこりスキータイムを満喫しています。
高岡くんのスパルタ(笑)練習では上級生3人のつきっきりで行います。
高岡くんの面倒を見つつ、浅沼さんがジャンプ台でジャンプ。
かっこええですね。
練習中、去年お世話になったパトの方々が通過していきました。
我々もお世話にならないよう気を引き締めます。
その後、小屋に戻り、翌日アタックする小遠見山方面を眺めます。
晴れることを祈り、
無事晴れました。
前日に強風が吹いていたため、新雪が吹き飛び、歩きやすい地形となっていました。
恵まれすぎている...
そして出発。
2年生が先陣をきってラッセルを行います。
中腹では枝の妨害が非常に厄介でした。
トレースが少し残っていましたがね。
稜線目前。
雪が飛んでいったとはいえ、2年生の見栄にも陰りが見え始める。
感動の一枚。
未知との遭遇を彷彿とさせる一枚。
ちなみにこの時の水の味は最悪でした。飲めたもんじゃない。
高岡くんの初ラッセル。
先頭のキツさは伝わっただろうか?
そんなこんなで一の瀬到着。
全員がサングラスに切り替えたため、エージェント度が上がります。
山頂目前。高岡くんを叱咤...激励しながらスパートをかけます。
好条件だったので疲れるわけがありません......噓です足がつりかけました。
山頂到着。360度展望を気持ちよく体感できました。
空気も澄んでいてめっちゃ綺麗でした。
その後、早々に雪洞講習
4人にしてはクオリティ高くないですか?
創造そして破壊。雪洞も散る瞬間が一番美しいです。
しかしこれ実は滅茶苦茶痛い...
そして下山。
案外すんなりと終わりました。
この晩、山本OB様から頂いた肉を美味しく頂きました。本当にいつもありがとうございます。
翌日のスキー練習ではコースがすべて開放されました。
太田くんもうれしそうです。
高岡くんのスキー練習風景。
彼にとってダイナミックコース(中級)は若干のトラウマになったようです。
天幕就寝のため、テントを張ります。
4人いると作業スピードがまるで違います。太田くんのイケメン度を感じます。
そして就寝。
高岡くん曰く、そんなに寒くなかったとのこと
でました写真マジック。この時、爆風で目も開けられない状態でした。というか顔面が凍りました
シール登行練習ということで地蔵の頭を目指します。
そんなに遠くはありません。
そして到着。
すぐに下まで下り、
また登ります。
登りは上手くいったが初めて山スキーの難しさに直面した高岡くんは
軽く凹んでいました。
そっとしておく方向で上級生は休憩しています。
切り替えて最後のスキー練習へ
最終的に高岡くんはシュテムターンを取得。良かったです。とても成長していました。
太田くんは安定してスイスイと器用な滑走をボーダー共に魅せつけていました。
この夜、懇親会ということで6名のOBの皆様に来て頂きました。
同時に差し入れもしていただき、誠にありがとうございました。
この日の晩飯はキムチ鍋。とても好評でした。来年も食事は力を入れる方向で。
就寝前、OBの皆様を撮った写真。
我々の活動はOBの支援あってこそのモノなので本当に感謝してもしつくせません。
最終日の朝、幻惑的な夜明け。
高岡くんは野球でもやってたの?(棒)
そしてこれである。
ワンゲルらしい?一枚です。
下山できるとこのぐらいうれしいのです。
自主規制
高岡くんの顔がなんとも言えません。
そして小屋を閉め、下山の準備を行います。
その前に全員で集合写真。
岡田OB様。写真を送って頂きありがとうございます。
下山は滑れるものは滑って、それ以外の人はテレキャビンで下りました。
今年もOBの皆様大変ありがとうございました。

冬季活動はまだまだ始まったばかり。まだ見ぬ過酷な活動が我々をウェルカムしていると思いますが、部員全員で頑張って厳しい雪山を一つ一つ攻略していきましょう!!

それではノシ

2 件のコメント:

アンチコービーブライアント さんのコメント...

鳥居くん今から媚び媚びだな!笑

キミの本心はいかに…


高岡は色々頑張れや!

SL さんのコメント...

鳥居はいつでもクリーンです。

Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.