2012年2月10日金曜日

H24春合宿 第二次偵察合宿

ワンゲル部ログをご覧の皆様こんにちは。
3年の浅沼です。

2月6日(月)~8日(水)の三日にかけ、
春合宿を行う予定の長野・戸隠へ偵察合宿に行ってまいりました。

さて今回の合宿は「最強寒波」、「記録的豪雪」などと言う
巷の話題を見事に裏切る“冬山の雨”に身も心も持って行かれた合宿となりました(苦笑

そんな不運な気象条件にもめげず
辛くも戦いを制した3人の合宿録をどうぞ。


出発日。早朝に東京駅集合です。
大学生と思しきインタナショナルな外国人集団を横目に
2年生の二人はしおらしくなっております;;


新幹線&タクシーであっという間に登山口の
戸隠大橋に到着です。
休み明けの平日なので駐車場もほとんど埋まっていません。


ここから本日のテン場までは30分程度。
全装とはいえほとんど平坦なので余裕の行程…


…と思いきや寒波が弱まってた影響か
とにかく暑い!いや暑いよコレ!


短い行程で早くも汗だくに。
脱ぎたがリズムの継承者オオタの細マッチョな体が映えます。


適当な場所をテント用に整地します。
太田君はまだ脱いだままです^^;


ペプシマンでもスパイダーマンでもなくエース(鳥居クン)です。
基本的に冬山のテント内は寒さと狭さで頭がおかしくなります(苦笑


太田も顔面ネックオマーが辞められないそうです。


そして翌日…恐怖の朝…
深夜からテントを襲ったスコールで森羅万象のものが
水没しました…隅には水深約20センチのダムができましたよハハ…


結局雨が弱まった9時まで待機しようやく出発です。
遅れを取り戻さんと急いで準備します。


ひとまずはチェックポイントである大ダルミを目指し
林道の中をひたすら進みます。


最初の一本。寝不足の影響かエースが絶不調でしたが、
この休憩を挟んで何とか持ち直したようです。


途中小さな沢状地形を通過。
傾斜の緩いところをうまく選ばないといけませんね。


大ダルミに到着。テントを張るには格好そうな平地です。
晴れればここから火打山や焼山が見えるらしいですが
この天気ではまあ見えませんね…(汗


ここから黒姫の外輪に登るため北側から回り込みつつ
標高を挙げていきます。


が、思ったより鋭角に登りすぎました…
もうちょっとじっくり標高を上げないとだめですね。


稜線上の小ピークにつきました。
ルートがあっているか不安だっただけに3名とも安堵。。。


ルートファインディングに難のあった二人はお詫びの自虐プレイを志願。
というか何かと脱ぎたがります…(笑


写真だと分かりにくいですが
木々の向こうには黒姫山の中央火口丘である
御巣鷹山が見えます。


さて偵察とはいえ待ちに待った滑走の時間です!
雨の影響で雪質は最悪ですが、去年のGW合宿以来の山スキーなので
テンションも上がります♪


場所によっては藪がうるさいところもあるので
なるべく滑りやすいところを自由に滑るのがよさそうですね。


下部まできたらあとはトレースに板を乗せて電車ごっこです。
それにしてもこの日は慣れないコンディションに疲れました… (;ノ_ _) ノ=3


テントに戻っても浸水した環境では全く癒されず…
というか前日から体感気温で10℃近く下がった気がします…


水攻めに続いて氷漬けの被害を受けた翌朝。
3名ともほとんど寝られなかったことは想像に難くないでしょう…
もはや今日中に下山するというモチベーションのみが我々を動かします。


この日もひとまずチェックポイントの佐渡山鞍部を目指して
林道をひたすら登ります。


天気は朝から雪でしたが時折薄曇りながら太陽も顔を出しました。
どうも日中から回復するような匂いがします。


佐渡山鞍部に到着。
コチラはGPSに位置情報を入力するワタシです。


春合宿本番で通過する予定の氷沢川。
スノーブリッジが架かる場所を探します。


ご覧のようにちょっと移動すると雪で埋まった場所が見つかります。
積雪が豊富であれば難なく通過できそうですね。


そして本日もお待ちかねの滑走です♪
依然としてコンディションは悪いですが、それなりに楽しめちゃいます。
さすが山スキー!


沢がちなところもあるのでそこはちゃんと回避しましょうね。


下部は痩せ尾根になる部分が多いので
滑走は少し注意が必要です。


そして無事テン場に帰還。
この頃には穏やかな青空が広がり、再び寒波が戻る前の静けさを見せていました。

さて、久々にタフな合宿となった今回の偵察ですが
この偵察を通して春本番に向けて新たな課題が見つかったことは間違いありません。

春合宿まで残り1か月程度、計画を更に煮詰めるのもありますが
とにかくキツイ合宿に堪えうる体が何より必要になるかな、というのが私の感覚でしょうか。

という事で現役諸君はこれからも
充実したレーニングを行えるよう頑張っていきましょー!^^

2年生の二人はお疲れ様でした!!


おまけ①…ビーチフラッグス戸隠杯





おまけ②…敗者への洗礼


おまけ③…最後まで油断大敵


2 件のコメント:

チャムチャムチャムラー さんのコメント...

浅沼さんクソ忙しい中偵察&ブログアップお疲れ様です。


春に向けて頑張ってください!

脱いでる2人を見て歴史は繰り返すものだと改めて思いました笑

リクルートワンダラー さんのコメント...

服の有無に関わらず頼りになる二人です。

Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.