2012年5月5日土曜日

H24 GW合宿



法政ワンゲル部ログをご覧の皆様こんにちは。またまた投稿します。髙岡です。

本年度のGW合宿は、5月2日~5月5日にかけて

山梨県の富士五湖周辺から静岡県へとチャリ&登山を目的に行いました。

前半は雨に打たれましたが、後半は見事に天気が回復。

「やっぱり晴れの日はいいよね(^-^)」そんな感想を持ちました。

ということで最後までぜひ、ご覧ください。


東京は曇ってましたが、現地(河口湖駅)では大雨(ノω・、) 

テンションガタ落ちでの出発です。

今合宿で最もテンションが低い状態でした


駅から4km程で2日間宿泊するテン場に到着。

早速ビショビショになった雨具を乾かします。


2日目

本日の目的である三つ峠山への登山でしたが……

前日の雨と強風によって登山道への道に倒木が発生したため、通行止め。

見張りのおじさんに「こんな天候じゃ山登りなんてやめた方がいいよ。」

なんてことを言われ、しぶしぶ引き返します。

ちなみに5時に出発して、テントに戻ったのは5時45分Σ(゚口゚;

有り余る時間を有効活用するために?


ちょっとお出かけしてきました。

場所は、鳴沢氷穴!

理由は特にはありません。


道中にわが法政大学の富士セミナーハウスを見つけました。

せっかくなので行ってみよう!


特にこれといった収穫はありませんでしたね。

きれいでしたよ。

ちなみに鳥居さんは夏休みにここに舞い戻るそうです。


そして鳴沢氷穴に到着。

雨が降っていたせいか、観光客はまばらです。

世間ではGWなのに


ダンボールで出来たお手製の看板があったりして

内部の温度は0℃らしいです。


もちろん洞窟探検ということで、ワンダラーの我われは、

雨具&ヘルメットという装備で進みます。


内部には「地獄穴」なるものが……

これをまっすぐ進むと、神奈川県の江の島まで続いているという伝説があるようです。

鳥居さん&僕「この先を進んだら、帰れるじゃんΣ(゚д゚;) 」 


こんな万年氷もあったりして……

体も冷えたので撤退!


テントに戻った後、

太田さんと鳥居さんは二人仲良くチャリで遊んでいました。


新品のチャリを大事そうに運んでいます。

この後悲劇が……


起きませんでした。


こんな感じのテン場です。


装備と足を乾かしています。

「屋根があって良かった(*⌒∇⌒*)」



3日目

朝からあいにくの雨。

止むまで少し待とうということでしばし待機。


しかし止まず (ノ_-。)

ということで出発。トンネルを抜けると……


若干雲が取れてきました。

「この調子で晴れてくれ。」


そして……

目の前富士山がキターーーーーーーーーーー

私のテンションはグングンアップ \(^▽^)/


そんな富士山をバックにちゃっかり写真をとっちゃたりして。

さすが「湖北ビューライン」という名前の通り景色は最高です。


坂を上り、


トンネルを抜けると、


そこには西湖が。

すみません。途中省略しました。

でも大体、河口湖→上り坂→西湖という感じです。


西湖で休憩をして少し走ると、国道に合流 。

気持ちのいい下り坂と、だらだらした上り坂を過ぎると、


精進湖へ。

しかし我々の目的地は本栖湖。

ここは静かにスルーします。


本日の目的地である本栖湖キャンプ場に到着。

空は完全に晴れ渡っております。


キャンプ場管理人の指示に従いさっさとテントを設営。

夕方には周りにテントを張るスペースが無いほど観光客がいっぱい来ていました。


休憩を兼ねて、浅沼さんは栄養補給。

後ろにもあるようにかなりの車でにぎわっております。


そして本日のもう1つ目的である竜ヶ岳へのアタックです。

太田さんをトップに軽快に登っていきます。


途中多くの登山者がいましたが、

我関せず 。ガンガン上ります。


ですが、途中からガスに巻かれ、

山頂ではこの有様。

鳥居さんと太田さんの表情で心情を察してあげてください。

富士山どころか何も見えないよ('д')

個人的には、ここからの眺望を楽しみにしていたのですがね。



しっかりとエールを行い、


記念撮影をして、


さっさと下山だぜ。

上りも下りもしっかりと整備されており 、非常に上りやすい山でした。


下界の天気はすこぶる良いようで、

外でクッキングしたり、


童心に戻ってブランコで遊んじゃったり 、


本栖湖にサンセットする太陽を見に行ったりと、

優雅な時間を過ごしました。

「やっぱり晴れるっていいね。」


最終日

今日で終わりだ!

そのテンションだけでひたすら下ります。


富士山も太陽の出現によって神々しく輝き始めます。

山頂の方に少し雲が残っていますね。



途中パッキングがずれたりする事故が頻発します。

僕も3回くらいありました。


途中、白糸の滝に寄っちゃたりして。

朝早すぎて売店もやってないし、観光客もまばらです。


写真の「白糸の滝」よりも「音止の滝」の方が、

法政ワンゲルには好評でした。


富士宮駅です。

ゴールの富士市はもうすぐだぜ! 


途中こんな標識を見つけました。

ちなみに私が経営しているわけではありません。

悪しからず。


そして本日の目的地である。

富士駅にゴーーーーール。

このあと少し足を延ばして駿河湾へ。


背中で語る

副将の鳥居さん

その目線の先には何が見えているのでしょうか?


遠くにかすかに見える富士山をバックに写真を撮りました。

三者三様の表情です。

ちなみに私のテーマは『解放』 


浅沼さんもこのポーズ。

何かに変身するのでしょうか。

それとも幼児退行ですか(笑)


以上で平成24年度のGW合宿の報告を終わります。

次回の合宿からは今までの4人という超少数から、

新入生がプラスされ、かなりにぎやかな感じになるのでしょうか?

僕は4人での合宿もなかなか楽しかったですよ。

テントで「JIN」の物マネをひたすらやっていたり(笑)




最後に

私が選んだ今合宿のベストショットをどうぞ。


うーんビューティフルだぜ!!

では、このへんで。

2 件のコメント:

SCOTTY さんのコメント...

高速upお疲れ様

仕事が速くて助かります

大沢たかお さんのコメント...

「神は乗り越えられる試練しかあたぁああ~あぁあぁああぁあ~~~!!!」

Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.