2015年7月26日日曜日

H27年 新人修練合宿

皆さんこんにちわ!ブログ担当の神崎です! 
僕達は7月2日から7月6にかけて新人修練合宿を行いました!
来たる夏合宿本番に向けての前哨戦という意味合いも強い本合宿は、新入部員の方々にとって初となる長期の合宿でもあります!
また、今回は部員が増えたという事もあり、二つのパーティーに分かれての山行でした。


合宿初日の写真 折りしも当日の天候は雨。少々幸先の悪いスタートとなりました


しかし、電車を乗り継いで穂高に到着した先は晴れ!
気持ちのいい天気です。



穂高から中房温泉への道のりにおいては望月さんの家族のご好意により、バスを出して頂くだけでなく、手土産としておやきも頂く事に。
当日は度々お世話になりました。この場をお借りして、再びお礼を言わせて頂きます。




中房温泉に到着 


明日からいよいよ山登りスタートです!



まずは合戦尾根を通って燕山荘へ
写真の通り、鬱蒼とした茂みの中を歩いた印象が大きいです


合戦尾根は日本三大急登という事もあり、なかなか厳しい道のりです






休憩中は各自地形図のチェック
山を登る上で、これらの行動はこれから一年生にとって必須になってきます。






合戦小屋を通って先を目指します


 ここから視界が晴れた事もあり、進みやすい道のりでした


視界一杯に広がる雄大な景色



 山と山の谷間から、槍ヶ岳が顔を覗かせます


燕山荘に到着した後は一同軽装に切り替えて燕岳へ


険しい岩肌を登っていきます







山頂についてから記念撮影



燕山岳はこれまで見てきた山小屋の中でも特に大きかったです。





ここまで快晴の続いた山行も、行動日二日目は雨からのスタートでした。
雨粒が体に打ち付ける中、尾根に沿って次の目的地を目指します。







休憩中も、雨という事もあって心なしか元気が見られません。


夏に片足をかけた時期とはいえ、山ではまだ雪が残っています。
山小屋の型が雪を割って山道作りに勤しむ光景も見られました。


前日と同じように大天荘で荷物を下ろし、
軽装で大天井岳へ




山頂での記念写真。
天気が悪いのが残念です。


ところが、常念荘を目指す道のりで天候が回復
下り道は穏やかな気分と共に下る事が出来ました。







テント設営練習の様子
新人修練合宿は単に山を登ることを目的にしているわけではなく、
山に登る上で必要とされる事を学んでいきます。







 行動日三日目は常念岳から蝶ヶ岳を目指していく道のりです。
登り始めは延々と険しい急登が続くといったものでしたが、
新人修練合宿残す事二日。
山登りにも慣れてきたのか、余裕が見れます。




先日とは打って変わって天候も安定しています。


常念岳での記念撮影。
皆、殆ど疲れていません。


一年生も交え、エールを行いました。
登った直後にも関わらず、皆大きな声で行う事が出来たと記憶しています。


周囲に広がる山容の中、
槍ヶ岳の特徴的な姿に、視線が否応なく注がれます。


ここから蝶槍を経由して蝶ヶ岳ヒュッケを目指す事になります。


岩肌を下ったかと思えば、今度は樹林帯の中へ
下りにまだ慣れていない一年生にとって、こうして異なる環境を同じ日に
歩く事が出来たのは、貴重な経験になったと思います。


下ったかと思えば、今度は樹林帯の中を登る。
足場が狭く、急登でもあったため、
今日の山行を締めくくるものとしては中々のものがありました。







無事どちらのパーティーも蝶ヶ岳ヒュッケに到着!



到着後はテント設営の時間を計ったり、
装備の名前つけ、装備、天気図の確認など、新人修練合宿の総括を行いました。
今回の合宿が確かな経験となり、それが夏合宿に生かせて頂ければ幸いです。
残すは下山のみという事もあり、当日の夜はささやかではありますが賑やかな祝賀会が開かれました。とても楽しかったです!




翌日、合宿最終日。
深夜に振っていた雨が収まり、健やかな気分と共に一日をはじめる事が出来ました。


蝶ヶ岳での記念撮影。
思えば、二つにパーティーを分けていた事もあり、
出発以来の全体写真となります。


その後は全体エールと
一年生の個人撮影。


上高地バスターミナルへの道のりは初日のような鬱蒼とした森林地帯が主でした
まだ雨の影響が残っているのか、足元がかなりぬかるんでいます。










森林地帯を抜けた後は昨年の秋合宿で通った道のりを通り、
上高地バスターミナルに到着しました。これにて、今合宿は終了です。

今回は天候が比較的安定している事もあり、楽しい合宿でした。
しかし、今回の成功に決して驕らず、気持ち新たに夏合宿には臨んで欲しいと思っております。


2 件のコメント:

ベクターオレンジ さんのコメント...

ブログ更新お疲れ様です。

次は早めのアップロードを期待してます。

浅沼(H24卒) さんのコメント...

お疲れ様です。

現役が沢山いて嬉しい限り…
山域も近年の新練では目新しいコースだね。

ナベちゃんの部ログを見る限り、夏は剱か幌尻なのかな?

入念な準備が必要と思うけど、皆がんばって!!

Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.