2014年6月28日土曜日

H26年新人修練合宿

こんにちは!二年の野呂です。


ブログは去年の秋合宿ぶりですので温かい目で見てください


今回は土曜日の朝に学校に集合しました。



そしていつもの場所で写真をとって出発します!


新宿から高尾、塩山に行きバスに乗り込みます。

ザックがこんなに並んでいる光景を久々に見たような気がします


そして道の駅みとみ駅で降りて、笛吹小屋にて設営練習を行いました。



そして夕飯の準備にとりかかります。



女性部員のおかげでワンゲルのご飯のレベルも向上中です


そしてコンパを行い就寝



二日目                                   


朝から小雨が



早速雨具を使う事態に


そして西沢渓谷入り口に向けて歩き始めます。



スピード感のある写真


西沢渓谷入り口を通り徳ちゃん新道へ入ります。


そして上りを少し行き一本


やはり上りが急で動き始めにはキツイです



手前で缶詰を握りしめて喜んでいるのが一年中山くん


高校時代は陸上部で内堀を19分で走ります


そして再び歩き始めますが上りが急で雨が強くなってきます。


そして一時間ほど歩き一本を取ります。



みんなちょっと疲れぎみです


ここから一年神埼が少し遅れてきたのでパーティを2つにわけます。


そして雨の降る中をどんどん進んでいき徳ちゃん新道を登り終え


木賊山に到着。



先行グループ

左の緑色のヤッケが一年遠藤さん

東京都出身で高校時代はスポーツをやっていなかったそうですが

この前の丹沢山トレーニングで鍛えあげられたのか余裕そうです


その隣の青いヤッケを着ているのが鈴木くん

北海道出身で新入生唯一の多摩キャンパス生です。

この写真はつらそうですね


その後ろの帽子をかぶっているのが渡辺くん


三年生からワンゲルに入りましたが個人で山に登っていたみたいで山の知識が豊富です。


フルネームが渡邉晃平君でワンゲルとの因縁を感じます。


そしてその右の紫のヤッケが望月さん


長野県出身で山のポテンシャルが高いです。


二年為村と同じくポケサーに所属しています




第二グループ

右のタオルをかぶっているのが一年神崎君です

茨城県出身ですが横浜ベイスターズ愛にあふれています

酒に酔うと徘徊する癖があります


久保は木賊山のトを表しています。




一時間ほど歩いて甲武信小屋に到着




後発グループがついてから


設営練習をして夜ご飯を食べコンパを行い就寝



3日目                                          


翌日の朝は晴れていました


望月さんを凝視する鈴木くん


そして出発


一本もかからずに甲武信岳山頂へ到着



みんなまだ元気そうです




そしてアップダウンを繰り返し



国師ヶ岳への上りへ


どんどん新入生がやられていきます


一人目


二人目



そして国師ヶ岳の最後の上りへ



かなりきつかったですがみんなちゃんとついてこれました



そして写真をとります



今年の一年生はいい被写体精神をもっていますね


そして終わらない階段を下り



大弛小屋へ到着

そしてテント設営練習



道路がつながっているので後ろに車が見えます


そして夕食を食べコンパを行い就寝
   




4日目                                                 


天気は晴れでした。


そして朝の体操



最初の掛け声がなかなか決まりませんでしたが

五時頃に大弛小屋を出発します。
 

そして朝日岳を目指して歩いていきます


この日の行程はアップダウンはあまりありませんでしたが


全体的に岩場が多く新入生は初めてだったので皆怖がっていました





そして速いペースで進んでいき




朝日岳に到着





新入生はまだ元気そうです


看板はボロボロになって落ちていたので拾って撮りました


そして金峰山にむかって歩き始めます



途中で鉄山を通りましたがまたもや看板は倒れていました







そして登って行きハイマツの生えた稜線上へ到着




そこから15分ほど歩き金峰山頂上に到着


他の登山客の方がいたので写真をとっていただきました



誰かにポリタンクを渡す遠藤さん

そして一本を取ります



頂上近くにあった五丈岩に登ってみました

写真から人を二人見つけると幸せになれます



そして富士見平小屋に向けて歩き始めます



基本的には小屋まで下りですが金峰山からの下りは左側が
崖になっているので気をつけて進みます。



そして大日岩を知らない内に通過し

大日小屋へ



この日は下りが多く皆足の裏や膝の痛みが出てきていました


そしてここから一時間ほど下り富士見平小屋に到着





ここから一年生のパッキングや名前つけのチェックをします

今回は雨が多かったのでパッキングの重要性を知るいい機会になったと思います

名前つけに関しては皆大体出来ていました

天気図に関しては改善の余地がありそうです


そして最後にテント設営と撤収のタイムをテストしました



途中から雨が強く降り始め、ついにはあられが降り始めました


それでも皆めげることなく互いに声を掛け合っていてよかったと思いました


結局タイムはクリアできず明日瑞牆山を登ったあとに再度チャレンジすることに

そして就寝



最終日                                                 

朝、天気は晴れ荷物をおいたままサブザックで瑞牆山へ向かいます



モノクロ風のいい写真が取れました

そしてコースタイムを一時間ほど縮めるスピードで進み

山頂に到着



最終日晴れればすべてが許される気がします


そしてエールを行います



誰もいない山頂でのエールは爽快でした


そして思い出したように個人写真








いい写真が取れましたね




そして下山


40分ほどで富士見平小屋に到着

この後設営練習を再び行います




皆終わりのテンションで頑張り一時間ほどでタイムをクリアします


そして装備をまとめ瑞牆山荘の方へ下山し学校へと帰ります


無事に学校へと到着



今回の合宿は大変でしたが誰も欠けることなく全行程を終えることができて
本当に良かったです

一年生同士仲良くこれからもワンゲルを続けていきましょう



0 件のコメント:

Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.