2014年9月6日土曜日

H26夏合宿 ~明日晴れるかな~





皆さんこんにちは

夏合宿中編を担当します久保です

合宿の後すぐにコンペがありそのあとゼミ合宿で仙台に行き、となかなか休む間もありませんでしたが、免許を取るためまだまだ休む間はありません(泣)

というわけで中編は熊ノ平小屋から百間洞山の家までをお送りします

では

8/18
この日は熊ノ平を出発して塩見岳に登ります
今日も雨です
なかなか太陽は顔を出してくれません

ガスの中の樹林帯と稜線歩きを繰り返すうちに

北荒川岳に到着
 回転してるのはカメラのせいです。ごめんなさい


 雨だとみんなテンションだだ下がりですね

そんな中でも高山植物は元気に咲いています
写真はマルバダケブキです。南アルプスにはいたるところに咲いてます

そろそろ雨とガスにも飽きてきたころ・・・
ついに甲斐駒以来の晴れ間が!

やっぱり晴れると気持ちいいですね。太陽の重要性を再確認しました

目指す塩見岳はこの先です

背中で語る2人

ついに塩見岳に到着。こちらは三角点のある西峰



こちらが標高の高い東峰

ここから塩見小屋に向けて下って行きます
なかなか急でザレた下りです

小1時間で塩見小屋に到着
・・・と、その時聞きなれた爆音が
塩見小屋への荷揚げヘリが飛んできました。去年は唐松頂上山荘で見ましたね

ヘリの風を防ぐためにしゃがんで待ちます

今日はここまでの予定でしたが三伏峠まで行くことに

樹林帯を歩くこと約3時間

三伏峠小屋に到着。今日は歩きましたね
2週間前に持ってきた歩荷品も回収

この日の夕食はリゾットという名のチキンライスっぽいトマト味のご飯。写真がないのでご想像にお任せします

8/19
今日は遠藤さんがHOPのため下山します
何で下山中の写真ないのよ

というわけでこちらをお楽しみください
三伏峠から見た塩見岳

8/20
今日は高山裏避難小屋へ
今日も晴れてます

富士山も見えます

早速烏帽子岳に到着
晴れるとワンゲルスピードにも拍車がかかります

今日は百名山がありません。それどころか二百名山も三百名山もない!
でもちゃんとした山頂の目印は立っています
下は小河内岳

去年の船窪を思い出すような登山道

高山裏避難小屋に到着



避難小屋だけど気さくな管理人のおじさんがいます

五井(千葉県市原市)の人らしいです

今日は遠藤さん特製のパエリア(本人は食べてません)
 大変おいしくいただきまし。

 8/21
荒川三山にアタック
今日も雨は降ってません

ここから600mの登り
あの稜線までか・・・

みんな頑張って登ってます

コースタイムの3分の2で荒川前岳に到着。速っ
「さすがに疲れましたね。でも・・・うん・・・疲れましたね」

 「ハァ~~」「ヨォ~~」

 三角点を持つ荒川中岳




ここから荒川三山最高峰の東岳(悪沢岳)に向かいます
 遠いな・・・

とは言いつつも空身なのでちゃっちゃっと到着

「いい笑顔だね~」
一眼の持ち方おかしいよ、タメ

どれが富士山のポーズでしょうか?

荒川三山を後にして荒川小屋へ
富士山を見ながら

赤石岳を見ながら

 今日の目的地、荒川小屋
 非常にきれいな小屋です

テント場の正面には富士山

「あぁ~、今日も疲れたぁ~。」





8/22
赤石岳から百間洞山の家に向かいます

いきなりですが小赤石岳に到着。朝日がまぶしい
 このあたりの稜線は歩いていて非常に気持ちいいです

コースタイムの3分の2で赤石岳に到着
 風が強くて寒い

ここには一等三角点があります
南アルプスで一番眺めがいいということですね


山頂から聖岳方向

百間洞山を目指します
南アルプス版雲ノ平(行ったことないけど)みたいな百間平

百間平

百間洞山の家に到着




思い思いの形で休息

ここまでで中編は終わりです
さてこの後聖岳と光岳はどうなるのか
誰もが一人ひとり胸の中でそっとささやいているように明日も晴れるのか
後編へ続く


おまけ
なんか・・・言い表せないけど、おっさん


 


2 件のコメント:

(:_;) さんのコメント...

最後のおまけのおっさんってなんだー
( ・`ω・´)

遠見奉仕皆勤賞 さんのコメント...

全装なのにコースタイムの3分の1がデフォルトに、、、

Copyright © 2007HWV : Hosei Wander Vogel, club. Some rights reserved.